スキャンサーム公式サイト | 環境への配慮 / 環境に優しい薪ストーブ
温室効果、海水温度の上昇、気候変動。こうしたテーマが公共でも盛んに議論されるようになり、エネルギーや 熱の生産に関わるどんな取り引きにも責任が問われるようになったが、木材が再生可能エネルギーの一つとして数えられることはあまり知られていません。 木材は石炭、石油、ガスなどの化石燃焼にはない長所を持っているのです。
環境,熱,エネルギー,薪ストーブ,再生,木材,モダン薪ストーブ,燃焼効率
4641
page-template-default,page,page-id-4641,_masterslider,_msp_version_2.20.4,ajax_updown_fade,page_not_loaded

環境への配慮  /  環境に優しい薪ストーブ

ガス検査について厳しい検査機関の認定を受けています。

 

 

LRV KONFORM

LRV konform (LRV= Luftreinhalteverordnung)

スイス連邦にて発布されている空気清浄保持令への適合性を証明する認証。当法令は定格能力で300kWまでの薪ストーブに対する粉塵およびCO排出上限値を決めており、この制限値をクリアしていることを、メーカーもしくは輸入者は適合性宣言にて証明する必要がある。

 

CONFORME A OPAIR

Conforme a Opair

上記LRV Konformと同様に機器の環境適合性を証明する宣言マーク(フランスにて実施)。

 

BIMSCHV

BImschV

BImschV=Bundes-Immisionsschutzverordnung (連邦排出保護法)は空気汚染と騒音による環境への影響を規制する連邦法である。本規制は1から39までの個別法規からなっており、様々な排出物についての取り扱いを規制する(Immisionとは生活活動から放出されるもの全般をさす単語であり、排気、廃棄物、騒音などあらゆるものが含まれる)。このうちここで問題となっている第2番目目の法規はストーブ類の運転方法について規制し、第1番目の規制で定められているCOおよび粉塵の排気上限値を上回らないことが要求されている 。

 

 

15aB-VG

オーストリアの認証である15aB-VGは、連邦により認可された試験センターで実施される試験をクリアした製品に与えられる。薪ストーブについての検査は製品の仕様(種類、性能、燃料)に応じて、その最低効率と排出上限値が定められている。また最大負荷、部分負荷での運転テストを実施する。部分負荷でもきれいに燃焼し、厳しい排気ガス規制をクリアできるかどうかが試験される。

 

生可能エネルギーの利用

温室効果、海水温度の上昇、気候変動。こうしたテーマが公共でも盛んに議論されるようになり、エネルギーや 熱の生産に関わるどんな取り引きにも責任が問われるようになりました。 木材が再生可能エネルギーの一つとして数えられることはごくわずかの人しかご存知ありません。 木材は石炭、石油、ガスなどの化石燃焼にはない長所を持っているのです。実は木材の燃焼時に排出される二酸化炭素量は、森の中で木が腐敗する過程で生み出される二酸化炭素よりも少ないのです。 木は天然の再生可能な素材であり、成長の過程で二酸化炭素を空気中から取り入れ、細胞組織に蓄積します。燃焼時はその取り入れた二酸化炭素分だけを放出しますこの排出量は、森の中で木を腐らせた際の排出量と完全に一致します。さらに燃焼により発生した二酸化炭素は、また成長してきた 木にすぐ吸収されるため、自然の二酸化炭素循環が成り立っているのです。