​DESIGN

 

​既成概念を覆す画期的なデザイン

スキャンサームは、業界初の八角形の薪ストーブや、回転式の薪ストーブといった斬新な開発で、瞬く間に業界トップへ躍り出ました。

1990年、外部の著名デザイナーとコラボした「fire works」シリーズで業界初の"デザイナーズ薪ストーブ"の開発に成功します。これが、現在のスキャンサームの源流となっております。

​以降、数々の由緒あるデザイン賞を席巻し、デザイン業界に旋風を巻き起こしました。

 

 ​スキャンサームは、”スカンディナビアンデザイン”を追求した新たな薪ストーブを開発することを理念に掲げております。「スキャンサーム」という名前の由来は、「スカンディナビア」と、熱を意味する「サーム」から来ております。

 ”スカンディナビアンデザイン”とは、北欧から発展した家具デザインです。​

 その期限は、19世紀中ごろまで遡ります。当時はイギリス産業革命により、製品を大量に生産、販売することばかりが重視されていたため、製品そのものの質はかなり劣悪なものでした。そんな粗悪品ばかりが市場に出回る現状に対し、警鐘を鳴らしたのが、芸術家のウィリアム・モリスを中心に起きた「アーツ・アンド・クラフツ運動」でした。​この運動でモリスは、「生活と芸術の一体化」を理想とし、機械による大量生産ではなく、手工業による、人の生活に寄り添った製品開発を行うべきと謳いました。

 この潮流の中で誕生したのが”スカンディナビアンデザイン”でした。「シンプル」でかつ「機能的」であることをコンセプトとし、人々の生活に寄り添うような家具が、北欧の職人たちの手によって造り出されました。以来、イギリスをはじめとし、アメリカに至るまでの各国で、スカンディナビアンデザインの家具が開発されます。代表的なものでは、アルネ・ヤコブセンや、ハンス・J・ウェグナーといった著名デザイナーが手掛けた家具があります。

 スキャンサームは、金銭的や物質的な豊かさではなく、生活に寄り添った「精神的な豊かさ」を追求する

スカンディナビアンデザインの精神性を、薪ストーブ業界ではじめて導入しました。

使い勝手や機能性、素材や見た目までこだわり、これまでにない薪ストーブ開発に取り組んでおります。

 開閉しやすい扉や少量の薪で持続する機能性、無駄な装飾のない洗練されたフォルム。デザイナーや開発者たちがこだわり抜いた一級品は、あなたの生活に極上の豊かさを提供することでしょう。

 

スキャンサームのデザイナーたち

Antonio Citterio
-アントニオ・チッテリオ-
Peter Maly
-ピーター・マリー-
Prof. Wulf Schneider & Partschneider
-ヴルフ・シュナイダー&パートナー-
Marie Schmid-Schweiger
シュヴァイガー&フィラブル
-マリー・シュミード・シュヴァイガー-
Florian Viererbl
シュヴァイガー&フィラブル
-フロリアン・フィラブル-
Akantus
-アカントゥス-
Show More

SKANTHERM

株式会社ワンダーバル
skantherm&conmotoオフィス
〒163-1006 東京都新宿区西新宿3-7-1新宿パークタワー
リビングデザインセンターOZONE6階
TEL.0120-4102-85
本社所在地
〒311-4153 茨城県水戸市河和田町315-1
TEL.029-309-4102 FAX.029-309-4103

© 2018 by WONDERBAL COMPANY LTD.